交通事故・むち打ち

交通事故

  • 交通事故に遭って首を痛めた
  • 吐き気、めまい、頭痛もある
  • 事故後数日経ってから手がしびれてきた
  • 整形外科で異常ないと言われたが身体がつらい
  • どこへ相談すれば良いのか分からない

交通事故に遭えば、誰でも気が動転してしまいます。
事故後電話をする画像相手側とのやり取りや現場の状況などの確認、会社や警察へ連絡など、やらなければならない手続きが色々増え、ストレスも重なります。

大きなケガだと、すぐに病院へ行くと思いますが、少しの痛みや違和感を感じる程度であれば、「休めないし、しばらくしたら良くなるだろう」とあまり問題視せず、日常が流れていく方が多いようです。

しかし、大したことはないと思っていた身体は想像以上にダメージを受けています。大きな事故、小さな事故は関係ありません。

身体が出しているサインをそのままにしておくと、段々と辛さが増し、頭痛やめまい、吐き気などが表れ、日常で行っていた簡単な動作さえ辛く感じてしまいます。

むち打ちは時間が経てば経つほど痛くなるの?

交通事故のケガで1番多いのがむち打ちです

むち打ちは最初、首に違和感や少しの痛みを感じますが、交通事故で大きな衝撃を身体に受けているので、時間差で身体のあちこちに不調が出てくるのが特徴です。

むちうちになった男性事故の衝撃で、頭が大きく前後左右に動き、首がムチのようにしなります。首周辺の筋肉や靭帯がダメージを受け、それらを包んでいる筋膜も癒着してしまい、首や肩、背中、腰など広範囲にわたる痛みや違和感、しびれ、倦怠感、力が入りにくいなど様々な不調が出てきます。

また、外からは分かりにくい辛さなので、周りに理解してもらず、1人苦しんでいる方も大勢います。

むち打ちは、整骨院でも施術が出来ます!

福生整骨院では、むち打ちをはじめ、事故による打撲や骨折も、医療機関と連携し、1日でも早く、日常を取り戻せるよう、しっかりとサポートします!

交通事故に遭ったら、どうすればいい?

1.警察へ連絡

加害者、被害者、事故の大小に関わらず、必ず警察に連絡します。警察で発行してもらう「事故証明書」が後々、保険金請求時に必要となります。「小さな事故」「急いでいる」などと、当事者同士で話し合い、示談交渉もトラブルに繋がってしまう可能性もあります。保険請求時に困らないよう、警察には連絡が必要です。

2.医療機関で的確な調査

痛みが有る無しにかかわらず、医療機関へ早いうちに行くことが大切です。医師しか発行できない「診断書」を作成しもらう必要があるからです。休みが取れないから、大したケガではないから、と放置しておくと、痛みや不調が事故との因果関係を証明しづらくなります。なるべく早い時点で医療機関へ行きましょう。

3.福生整骨院グループに相談

私たちはたくさんの交通事故事例を施術し、多くの経験を積み重ねてきました。
培ったノウハウを生かし、出来るだけ身体に負担をかけず、そして早期に解消できるよう丁寧な施術を提供します!

平日の夜8時まで営業し、土曜日も開いております。会社勤めの方や部活動終わりの学生さん、平日忙しい主婦の方まで安心して、自分の身体と向き合える時間が保てる通いやすい院です。

医療機関との併用、転院もOKです!また、煩雑な保険の書類の事もお任せください!

交通事故施術の特徴

機器使用 施術お一人おひとり、事故に遭った状況や、身体に感じている痛みは違います。しっかりとお話に耳を傾け、的確な検査で身体の状況を把握します。

デリケートな身体に負担をかけない優しく丁寧な手技で、力の入ってしまった筋肉、くっついてしまった筋膜をほぐしていきます。痛みがあり炎症が強い急性期の場合は、電気機器などを使用し炎症を鎮めます。

むち打ちの他にも、打撲や骨折もお任せください

施術打撲は腫れを取り除き、筋肉と筋膜の癒着を取り除きます。
骨折は医療機関での処置が終われば、リハビリとしてじっくりと通って頂けます。

交通事故のケガは上手に通いながら、しっかりと向き合えば、後遺症に繋がることはありません。なるべく早く、ご相談ください!

早期回復を心がけていますので、期間を延ばす必要はありません

早期に解消し、後遺症とならないよう、その方に応じた施術内容を工夫しながらアプローチします。加入されている保険が何なのか、保険証券を見ながらどうすれば良いのかなどもアドバイスします!