胸郭出口症候群

  • 肩や腕に重さやだるさを感じる
  • 腕や手が冷える
  • 顔より高い位置に腕を挙げると肩や腕が辛い
  • 重い荷物を持つと肩や腕が辛くなる
  • 背中・肩・腕・手などにしびれを感じる

このような症状が出る場合は胸郭出口症候群かもしれません。

当グループでは胸郭出口症候群に対して姿勢からアプローチしていきます。

胸郭出口症候群って何?

胸郭出口症候群とは、腕の運動や感覚を支配する腕神経叢と鎖骨下動静脈が以下のどこかで圧迫・牽引されると起こります。

  • 首の斜角筋の間(斜角筋症候群)
  • 鎖骨と第一肋骨の間(肋鎖症候群)
  • 小胸筋の停止部の後方(小胸筋症候群)

これらを総称して胸郭出口症候群と呼びます。

 

また症状が出やすい肢位によって牽引型・圧迫型・その両方の症状を併せ持った混合型の3つに大別されます。

牽引型は腕を下に降ろしているときに症状が出やすく、腕の重さによって神経が牽引され、症状が出ます。若い女性やなで肩、顎を前に突き出すような姿勢の方に多いです。

圧迫型は腕を上に挙げる姿勢をとる方に多く、肩や首の筋肉の緊張に神経や血管が圧迫されて起こります。筋肉質の男性に多く、いかり肩、仕事で重いものを持ち運ぶ方、手を高く上げるスポーツを行っている方(野球・テニス・バレーボール・バドミントンなど)、

無理な筋トレを行っている方に発症しやすい傾向があります。

首や肩回りの外傷などが原因で症状が出る場合もあります。

どんな症状が出るの?

胸郭出口症候群により腕神経叢が絞扼されると、肩や肩甲骨の痛み、肘の内側から小指にかけてのしびれ感、手の握力の低下、細かい作業がしにくくなるといった症状が表れます。

鎖骨下動脈が圧迫されると上肢へと流れる血流が低下し、腕が白っぽくなり痛みが生じます。

一方で鎖骨下静脈が圧迫されると上肢から戻る血流が低下し、手や腕が青紫色になります。

 

どんな施術をするの?

胸郭出口症候群の整形外科での治療法は、重いものを持たない・腕を高く上げる動作を気を付ける・薬物療法といった保存療法を基本的に行います。リハビリテーションとしてストレッチなど運動訓練も併せて行っていきます。

しかし猫背・ストレートネックなどの姿勢が悪い場合、常に肩や首に負担がかかり症状がなかなか改善せず、一時的によくなっても再発してしまうといった状態になります。なので胸郭出口症候群の治療には姿勢が重要となってきます。

福生整骨院グループでは胸郭出口症候群に対して骨盤・骨格にアプローチし、姿勢改善から施術を行います。姿勢が悪いと身体のバランスが崩れ、崩れたバランスを補正するために筋肉の緊張が起こります。この筋肉の緊張が首や肩回りに出ると腕神経叢や鎖骨下動静脈が圧迫されるため、胸郭出口症候群の症状が出やすくなってしまいます。

姿勢の土台となる骨格・骨盤を矯正し、正しい姿勢を作ることで、首や肩回りに負担のかからない身体を作っていきます。骨格・骨盤の矯正といっても「ボキボキ」といった矯正はせず、痛みのない施術を行いますのでご安心ください。

症状が出ている上半身のみではなく、全身の調整を行うことでさらに施術の効果を高めることができますので、実際には下半身の施術も行う等、一人一人に合わせた施術を行います。また、いい状態を維持していくためのトレーニングやストレッチもお伝えしていきますので、一緒に頑張っていきましょう。