シンスプリント

  • サッカーをしている時にすねの下あたりが痛い
  • 長距離を走り終わったら疼くような痛みがある
  • 数年ぶりに運動をしたら足が痛くなった
  • じっとしててもふくらはぎの内側当たりが痛い
  • 走り始めたらすねの内側に鈍痛がでる

これからサッカーやバスケットボール、マラソンを頑張るぞ!と思い、張り切って運動をしてしまい、運動中や運動後に、「すねの内側が痛いな」、と思ったことはありませんか?

新学期やシーズンの始めで、急にトレーニング量や運動量を増やしたりして足の筋肉を使いすぎると、すねの内側に鈍い痛みがでることがあります。もしかしたらシンスプリントかもしれません。

シンスプリントとは?

新しい環境でスポーツを始めると、運動する環境が変わることで起きるスポーツ障害があります。その中で代表的なのがシンスプリントと呼ばれるものです。
シンスプリントは、オーバーユース症(使い過ぎ症候群)の1つであり、脛骨(けいこつ)の周りにある骨膜が炎症を起こすスポーツ障害です。「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれています。運動時や運動後にすね内側の中央から下方1/3の、筋肉が骨に付着するラインに沿って疼くようなジーンとする痛みが起こります。
シンスプリントの原因
 ・急激にトレーニング量が増えた
 ・地面が固い場所でのランニング
 ・下肢の筋力不足や柔軟性の低下
 ・靴のクッション性の劣化
などが考えられます。
シンスプリントはランナーに多くみられますが、どんなスポーツでも、シーズンの始めや新学期に新入部員がハードなトレーニングを集中的に行った場合に頻発します。

放っておくとどうなるの?

人間の足は「骨の組み合わせ」と「それを補強する筋肉」で体を支えています。
通常は筋肉と骨の組み合わせが共同して支えていますが、何らかの理由でどちらかが役目を果たせなくなると、 もう一方がそれを補わなければならなくなります。
足部にはアーチ(土踏まず)と呼ばれるものがあり、 これが機能していると衝撃を吸収してくれます。このアーチが崩れてしまうと衝撃吸収がしっかりとできなくなり、 さらに骨の配列が崩れ、足底から関節、下腿部の骨や筋肉に大きな負担がかかります。
このような状態が長時間続くと仕事量の増えた筋肉や骨は徐々に異常を訴え始めます。異常の訴えは「痛み」としてすねの内側などに現れます。

軽度:すねの下から1/3くらいの内側あたりに痛み・腫れ(運動後などにジーンとする痛み)
中度:すねの下の方の内側を押すと痛い(圧痛がある)
重度:安静にしていても痛みを感じて、歩くのが大変になる
スポーツだけでなく日常生活に支障がでないようにするためにも、シンスプリントの症状が軽いうちに適切な処置を受けることが大切です。
シンスプリントは多くの場合、不快感は運動開始時に現れ、そのあと消えて運動が終了するとまた戻ってきたりします。
初期の段階では、運動後に“ジーンとする鈍痛”を感じるだけですが、進行していくと運動中にも痛みを感じるようになってきてしまいます。
そして最終的には、ベッドから起きる時や日常生活の他の動作の最中にも痛みが伴うようになってしまいます。
もしかしてシンスプリントかも、と思いましたら、福生整骨院グループにご相談ください。

福生整骨院グループのシンスプリント施術方法

福生整骨院グループでは、初めにカウンセリングと検査で足だけではなく、身体全体をチェックします。炎症が起きている場合は、いきなりお身体に触らず、電気機器(ハイボルテージなど)を使用し炎症を鎮めて痛みを取っていきます
痛みの原因を取っていくためには、身体全体のバランスを整えていくことも大事です。身体が歪んだ状態で運動をしてしまうと、負荷が分散されずに同じ場所に負荷がかかり続けてしまい、再度痛みが発生してしまうことがあります。

痛みを取ることはもちろんですが、痛みが出ないようにするための体づくりも大事です。
再発しないように、その体の状態に合わせた、福生整骨院グループ独自の筋骨格バランス矯正で筋肉をあるべき状態に戻し、骨格を整えていきます。更に、足の負担を軽減するためにテーピングの処置をしていくこともあります。
福生整骨院グループで痛みの原因を根本から解決して、気持ちよく運動を出来る身体にしていきましょう!