スポーツ障害

  • スポーツ、運動中の怪我や痛みに悩んでいる
  • 痛みがあるが練習・試合を休めない
  • 痛みが気になって全力でプレー出来ない
  • 同じ痛みや怪我を何度も繰り返す
  • 自分にあったトレーニング、ケアを知りたい

 

施術

スポーツに怪我や痛みはつきものだとよく耳にします。

しかし、スポーツの怪我をそのままにしてしまうと、その後の体の成長やスポーツのパフォーマンスの低下、更に日常生活などにも支障が出てしまいます。

福生整骨院グループではスポーツ経験者のスタッフが多く在籍しているため、経験や知識を活かし、怪我からの早期回復やスポーツをしている際に痛みが出ないお身体になるためのお手伝いをさせていただきます!

どうしてスポーツ障害、スポーツ外傷になってしまうの?

健康な体の状態で、適切な強度、適切な時間でスポーツをし、適切なケアをすれば、スポーツ障害やスポーツ外傷に悩まされてしまうことは、そう多くないはずです。

しかしどれかが疎かになってしまうことで、負担が蓄積してしまい、スポーツ障害やスポーツ外傷に繋がってしまいます。

 

①使いすぎ(オーバーワーク)

運動によって使われた部位の筋細胞には負担がかかり、細胞が壊れた状態になりますが、その細胞が回復するには休息が必要になります。疲労が回復する前にまた運動をしてしまうと負担がどんどん蓄積してスポーツ障害やスポーツ外傷の原因になります。

②不適切な姿勢・フォームでの運動

不適切な姿勢やフォームで運動をしてしまうと、筋肉や関節、腱などへの負担が大きくなり、スポーツ障害やスポーツ外傷の原因に繋がります。

③柔軟性の低下

柔軟性がない身体で運動すると、柔軟性がある体に比べて掛かる負担が大きくなり、スポーツ障害やスポーツ外傷の原因になってしまいます。

④ウォーミングアップ不足

ウォーミングアップを行い、体温や筋への血流量を高めることで、スポーツ障害やスポーツ外傷の予防に繋がります。

⑤運動後のケア不足

ストレッチをしっかりしたり、適切な水分、栄養をしっかり摂り、筋肉の状態を良くすることで、スポーツ障害やスポーツ外傷の予防に繋がります。

⑥成長期による負担の増加

小学生や中学生などの成長期は、骨の成長に筋肉や腱の成長が追いつかず、それが原因の一つとなり、スポーツ障害やスポーツ外傷に繋がってしまいます。

スポーツ障害やスポーツ外傷を放置すると……

お子様のスポーツの場合、部活動やクラブ活動などでスケジュールが組まれており、練習や試合を休みたくても休めない、多少無理をしてでも参加しないといけない、といった話をよく耳にします。

また、お子様の場合は自分の限界が分かっていない場合が多く、痛みがあっても無理をしてしまう、心配しても「大丈夫!」と返事をしてしまう場合があります。

そうした無理を重ねることで、スポーツ障害やスポーツ外傷が酷くなり、大きな怪我に繋がり、スポーツそのものを諦めなければならない事になりかねないのです。

 

大人の方でも同じことが言え、痛みがあっても無理をして運動を続けてしまうことで、より状態が悪くなってしまい、スポーツを出来なくなることに繋がりかねないほか、今後の人生でずっと日常生活に支障をきたしてしまうことにもなってしまいます。

 

福生整骨院グループのスポーツ障害・スポーツ外傷改善施術

スポーツ障害・スポーツ外傷を良くしていくためには、

・急性期の場合、炎症を沈める

・負傷箇所への血流を増加させる

・硬くなってしまった筋肉を緩める

などのアプローチを通して、痛みの軽減や、負傷した部位の回復力を高めていきます。

また痛みの出にくい身体づくりのために、

・歪んでしまっている骨格を整える

・良い姿勢やフォームを維持するための筋力をつける

といった様々な観点からお身体にアプローチをしていきます。

スポーツ障害・スポーツ外傷は、一人ひとりで硬い筋肉、負傷の仕方などが違うため、丁寧なカウンセリングや調査で体全体をチェックしていきます。

その人のスポーツ障害・スポーツ外傷の状態に合わせた、福生整骨院グループ独自の筋骨格バランス矯正で筋肉を緩め、骨格を整えていきます。

 

福生整骨院グループでは、スポーツ経験者のスタッフが多く在籍しているため、経験や知識を活かし、怪我からの早期回復やスポーツをしている際に痛みが出ないお身体になるためのお手伝いをさせていただきます!

 

福生市、立川市、あきる野市、青梅市、昭島市、羽村市で展開する福生整骨院グループで、お身体のお悩みを一緒に解消しましょう。お気軽にご相談ください。